明るい社会づくり運動*奈良

明るい社会づくり運動*奈良は「理想の町づくりを通して自らが心豊かな市民に成長する運動」を推進しています。

 

メニュー

第14回『 私からあなたへの万葉集プロジェクト 』入選発表会(2017/5/28)

第14回『 私からあなたへの万葉集プロジェクト 』入選発表会(2016/5/28)

2017年5月28日(日) 明日香村中央公民館ホールにおいて、

第13回『 私からあなたへの万葉集プロジェクト 』入選発表会が行われました。

*多数、ご応募いただきどうもありがとうございました。*

 

入選者   icon24-54a =大賞   

●小学生の部
《短歌》
春の風花びらがまい思い出すおじいちゃんのやさしいまなざし
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・icon24-54a 明日香村 赤松 里咲さん
【思い】今年は、おじいちゃんがなくなってから5度目の春をむかえます。私は、小さいころ桜の下で大すきなおじいちゃんといっしょによく遊んだことを思い出します。おじいちゃんはいつも私のそばにいてやさしいまなざしで今でも私を見守ってくれているのだなあと感じています。

 

夏の森緑の葉っぱきれいだなきれいな空気をいつもありがとう
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・橿原市 加藤 花怜さん

【思い】森の中にある、葉っぱのおかげできれいな空気をすうことができているので、ありがとうと伝えたいという想い。


あすかはねイチゴがじまんおいしくてほっぺがおちるぜひたべにきて
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・明日香村 川人 一花さん
【思い】明日香は、本当にあすかルビーという宝石のようなイチゴがじまんで食べてみると、本当にほっぺがおちるぐらいおいしいので それをそのまま短歌にしました。


ふきのとう土のふとんから頭出し冷たい風をじいっとがまん
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・明日香村     井村 光希さん
【思い】畑にある「ふきのとう」の気持ちを考えて書きました。  


《俳句・川柳》

日向ぼこ二人の影がのびていく

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・icon24-54a 岐阜県     安藤 優希さん
【思い】学校の体育館で寒いときに窓から入ってきた陽射しで日向ぼこをする私と友達のエピソードです


ありがとうこたつがわりのうちのねこ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・橿原市   森川 真衣さん
【思い】冬になるとねこが暖かくこたつのかわりになってくれること


そよそよと幸せの風休み時間
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・明日香村  谷口 優来ん
【思い】今は寒いけれど、友達と過ごす休み時間はきっとただ寒いだけの風ではなく幸せの風だと思ったから。


桜の木花びらたちも巣立ちかな
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・東京都  中井 仁美さん
【思い】桜の花びらが風にのってそれぞれが、それぞれの場所に飛び立っていくことから、今年自分が6年生を見送った卒業式で6年生が旅立っていく姿を見て桜に似ているなあ、すてきだなあと思いました。


●中学生の部

《短歌》
雪とけて川に流れる水となり心のよごれをすべてとかして

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・icon24-54a 岐阜県  山田 裕也さん
【思い】だれの事も信用できない人が、雪がとけると同時に心の雪をとかして人を信用しようとする。


町中を歩けば路地の猫たちに今日も元気とたずねてみたり
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・東京都  波形 世奈さん
【思い】町が猫がすごせるほど、いつまでも平和であってほしい。


おそろいのエプロンなびかせ料理する母との時間をアルバムの中へ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・岐阜県  小木曽 凜さん
【思い】小さい頃から母はさいほうが好きで中3になった私には160cm、130cm、100cmなど様々なサイズのエプロンがあります。この前、母にバレンタインデーのプレゼントとして今私が着ている母がつくってくれたエプロンと同じ生地で母にエプロンをあげました。一緒に料理している時、この思い出は一生忘れたくないなと思いこの短歌をつくりました。


もがいてた自分の中にある花火火をつけようとマッチをつかむ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ワシントンDC バンダイク愛理香さん
【思い】なにかをつかもうとしているがなかなかそれが見つけられなく、第一歩をめざし必死に手を伸ばす。

《俳句・川柳》
黒板の消せない跡が思い出に
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・icon24-54a 岐阜県  藤吉 洋輔さん
【思い】黒板の消せなくなってしまっていた跡が、いつの日か思い出になっていた。

ヒガンバナ僕の心に火をつけた
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・明日香村 福井 悠介さん
【思い】真っ赤なヒガンバナが心に火をつけた。


冬の暮窓にかきおりきみの名を 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・明日香村 山本 翔介 さん
【思い】冬のさむさをいかした俳句。


君と描く記憶のキャンバス桜舞う
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・岐阜県 伊藤 颯吾さん
【思い】春の思い出。桜の景色を記憶にとどめておきたい。

●一般の部
《短歌》
先人の思い同じか考古館の埴輪の眼には恥じらいのあり
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・icon24-54a 神奈川県 伊川 公司さん
【思い】最近すすめられている遺跡調査の中で、埴輪の発掘が続いている。はるか一世紀以前のその埴輪は、私達の想いが込められたものである。博物館で見た人形埴輪は今も生きているかのように、眼に先人の細工を見た。先人の生きる哲学は、人々の交流の大切さを語り、恥じらいの表情が読みとれた。


初めての秋掴まんと児の指が開いて結ぶ母のかたえに
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・熊本県 吉野 佳子さん
【思い】みどり児の目に初めて出会う季節はどのように映るのでしょう世の中が進み自然の姿も変化してきましたが今ある自然や人のぬくもりを感じ愛しむことができる子に育って欲しいと願いをこめました。 


小走りに踊る背中のランドセル遅刻するなと紅梅の微笑
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・橿原市 前野 正三さん

【思い】私は、二十数年に亘りボランティアで登校する児童の安全安心を願って早朝の立哨活動を致しておりますが、時には遅刻しそうになって走りながら登校してくる児童に民家の塀から顔を出している紅梅が児童を優しく見守っている様な感じがして作ってみました。


粛々と離任の書棚片付ける古い写真に手の止まりつつ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・島根県 永海 尚二さん
【思い】3月で学校を去るため少しずつ書棚をかたづけていると写真がいくつかあり、その頃を思い出し手が止まってしまった。


脱ぎ方がへの字への字でそっくりな靴が笑って並ぶ玄関
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・神奈川県 吉田 誠一さん
【思い】靴の脱ぎ方が似ているのが微笑ましく思えた瞬間です。

《俳句・川柳》
やめさせし酒を供えし父の墓
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・icon24-54a 京都府  前田 博子さん
【思い】八五才で亡くなった父はお酒が大好きでしたが病気のため止められていました。好きなだけ呑ませてあげたかったなあという想いを込めました。

亀石が微笑みかける明日香路
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・東京都 佐野 滋さん
【思い】石が笑顔で旅人を迎えてくれるとは明日香の何という暖かさ! 


バトミントンの音は長調風光る 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・愛知県 北川 順子 さん
【思い】シャトルを上手に打てた時の楽しさと軽快な音を「長調」「風光る」という明るい言葉に込めました。


大好きとダイブする子よわれは海
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・東京都 小野 史さん
【思い】二才の幼い娘とのなにげない、でも温かく大切な日常についてよんでみました

飛鳥路でおたふく顔の妻を褒め
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・東京都 野村 千恵さん
【思い】歴史好きの夫に付き合って旅行もいいが、ピントのズレた一言でちょっとモメます。

 

第14回『 私からあなたへの万葉集プロジェクト 』入選発表会 

第14回『 私からあなたへの万葉集プロジェクト 』入選発表会 (参加費:無料 申し込み不要)
日時: 2017年5月28日(日) 13時~15時(開場:12時30分)
場所: 明日香村中央公民館ホール
内容: 【第1部:オープニング】・・・太鼓演奏  鼓道大和
【第2部:記念講演会】・・・講師:特定非営利活動法人  東吉野村まちづくり理事 蛯原 能里子さん
テーマ:「老い一人 心うきうき あいの家」 ~ひと・もの・館(やかた)再生のまちづくり~
【第3部:入選発表・記念品授与】

第13回『 私からあなたへの万葉集プロジェクト 』入選発表会(2016/5/29)

DSCN8064 DSCN8068 DSCN8104 DSCN8167

第13回『 私からあなたへの万葉集プロジェクト 』入選発表会(2016/5/29)

2016年5月29日(日) 明日香村中央公民館ホールにおいて、

第13回『 私からあなたへの万葉集プロジェクト 』入選発表会が行われました。

*多数、ご応募いただきどうもありがとうございました。*

産経新聞に掲載されました。産経新聞

入選者   icon24-54a =大賞   

●小学生の部
《短歌》
いにしえの光の中のぬくもりが被災の胸を優しく包む
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・icon24-54a 宮城県 横溝 麻志穂さん
【思い】私は、今年の三月上旬に初めて奈良県に来ました。国宝の文化財に触れあう中でいにしえの輝く光に包まれた心地になりました。東日本大震災から五年、当時の被災の傷心のこの胸をその輝く光が優しく包んでくれているようで、幸せな気分になりました。奈良県の力に感謝しています。

 

あいさつがとびかう道にありがとう感謝の言葉春のぬくもり
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・明日香村 白石 優麗さん

【思い】 帰り道に、地域の人が「おかえり」と言ってくれるので、とてもあたたかい気持ちになります。


投球のかじかむこぶしにぎりしめ寒さに耐えて全力投球
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・明日香村 内野 佑規さん
【思い】 立春になってあたたかくなって思いきり野球をやりたいと思って書きました。


お母さんうるさいけれど夜中にねせきするわたしを見にきてくれる
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ワシントンDC ノーサル マリー花子さん
【思い】 お母さんはいつもうるさいけれど、本当は心配している。


《俳句・川柳》

雪げしき人気があるよ石ぶたい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・icon24-54a 明日香村  奥原 秀太さん
【思い】 ゆきげしきを写真にとるために明日香に来るカメラマンを思いうかべました。


つくしんぼ田んぼのすみにかくれてる
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・明日香村  上島 華歩さん
【思い】田んぼのすみにかくれてるつくしがかわいいと思って書きました。


残る雪まだまだとけぬと意地を張る
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・明日香村  小川 夏輝さん
【思い】 残る雪の負けずぎらいの気持ちを想像して書きました。


虫たちがさわぎ始める春の風
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・明日香村 島田 晃樹さん
【思い】 虫たちがさわぎ始める時に、春の風がやってきたということを思いました。


●中学生の部

《短歌》
ドアを開けあふれる光につつまれて笑顔で言われる「おかえりなさい」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・icon24-54a 岐阜県  岩田 奈々子さん
【思い】 おそい時間に帰ってきても、必ず言われる「おかえりなさい」はあたたかいものだと思い、この短歌をつくりました。


作業着を見ればわかるよがんばりが言葉に出きない父への想い
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・岐阜県  加納 知果さん
【思い】 残業が多いので帰る時間がおそくなっていくと作業着も汚れてくるのを見て大変な想いがわかり、あらためて仕事をしてくれている父に感謝。「ありがとう」の気持ち。


悔しさに涙ながして見る空はなぜこんなにも青いのだろう
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・岐阜県  山田 晴穂さん
【思い】 夏に大会で負けたときの気持ちを短歌にしました。


から風に立ちこぐペダル重くなり追い抜く友の笑顔まぶしき
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・岐阜県  山田 桃花さん
【思い】 朝、気分が暗くなっている時に、後ろから友達が笑顔で話しかけてくれた。その時、暗くなっていた気分が明るくなった様子。


《俳句・川柳》
げんかんにタオル一枚雨の日に
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・icon24-54a 岐阜県  天野 真紀さん
【思い】 雨の日に帰ってきたらげんかんにタオルがおいてある。

 

まっしろな毛布にくるまる僕のまち
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ワシントンDC 柳原 百花さん
【思い】 歴史的な大雪が降りました。誰も外に出られず、困りました。その時、近所のかたが「大丈夫か」と声をかけてくれました。寒いはずの雪が、とても暖かく感じました。雪のおかげで、まちが一体になり、とても思い出深い日になりました。


さりげない気配りつくる家族の輪 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・東京都 吉澤 創 さん
【思い】 当たり前のような事であまり気にかけないが、小さな一つ一つの行動が大切だと思ったためこの句をつくった。


あなたの手握れば幸せフルチャージ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・東京都 岩上 槙之介さん
【思い】好きな人と手がふれあうと、あったかいし、心も嬉しくなる。その時の気持ちを川柳にしました。


●一般の部
《短歌》
籾殻を焼く煙立つ夕暮はしばし漂ふ在りし日の父母
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・icon24-54a 葛城市 三島 チヅ子さん
【思い】 農家で育ちました。子供の頃の風景がなつかしいと共に父母を思い出します。


今日ひと日終わりましたと手を合わす供華の白嫁菜野の香を放つ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・石川県 神馬 せつをさん
【思い】 老妻と二人、ぬくもりのある寺社仏閣などを散策しながら、日々感謝のこころで暮らしております。


みどり児はやはらかき背を反らせ見るほほゑむ母とひかりの空と
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・奈良市 稲葉 正子さん
【思い】 孫が(生後六ヶ月)で背をぐっとそらせて見る世界は母であり、その向こうにある希望の空であると思いました。今日、親の手でわが子を殺める事件が多いのですが、最初に子どもを抱いた時の喜びを忘れないようにと命に対する思いを込めました。


《俳句・川柳》
無理せずにのんびり暮らせ柚届く
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・icon24-54a 御所市 中村 宗一さん
【思い】 三代続いた家業を閉じました。それでも交流断ちがたし。毎年十二月中頃には決まって柚を届けてくれます。荷物の中に珍しい作物が添えてあります。先方のあたたかい思いやりが伝わってきます。思いやりに感謝せずにはおれません。


かじかんだ小さな手にはママの息
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・愛知県 井深 靖久さん
【思い】 お母さんのぬくもりは何にも勝ります。

 

春風や鼻の大なる飛鳥仏
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・葛城市 山本 啓 さん
【思い】歴史の深みのある仏像のぬくもりを大きな鼻に感じました。

腰を折り耳に口寄せ手を握る
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・北海道  堀 昭良さん
【思い】 介護施設の職員が高齢者の入居者に優しく接する姿にほのぼのと感動しました。看護、介護職員が入居者を虐待する事件を多く耳にしますが職員皆がこのような態度姿勢で接してくれるのならこんな嬉しい事はありませんし願います。

DSCN8053DSCN8084DSCN8120DSCN8176

DSCN8100DSCN8079DSCN8101DSCN8134

DSCN8140DSCN8145DSCN8154DSCN8157

DSCN8162DSCN8137DSCN8058DSCN8055