明るい社会づくり運動*奈良

明るい社会づくり運動*奈良は「理想の町づくりを通して自らが心豊かな市民に成長する運動」を推進しています。

 

第12回『 私からあなたへの万葉集プロジェクト 』入選発表会(2015/5/24)

第12回『 私からあなたへの万葉集プロジェクト 』入選発表会(2015/5/24)

私からあなたへの万葉集 第12回『 私からあなたへの万葉集プロジェクト 』入選発表会(2015/5/24) 2015年5月24日(日) 明日香村中央公民館ホールにおいて、 第12回『 私からあなたへの万葉集プロジェクト 』入選発表会が行われました。 *多数、ご応募いただきどうもありがとうございました。*

DSCF3041DSCF3108DSCN0052DSCN0026

入選者   icon24-54a =大賞   

●小学生の部 《短歌》

飛鳥風草木がゆれるそんな風いやな気持ちもさらわれて行く

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・icon24-54a 明日香村  下出 真帆さん

【思い】 私は、学校でいやな事があって、その時ふいた風がすごく気持ち良くて、やっぱり明日香はいいなと思った時の事を短歌に表しました。飛鳥風が気持ち良くていやな気持を忘れられたので、さらわれて行くという表現にしました。 

ほうかごでみんなと遊ぶひみつきちなつかしい気もちみんな元気かな ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ワシントンDC 八代 有希さん

【思い】 一年生の時に遊んだ友達は、みんなもうひっこして、ちがう所に行ったけど、まだ友達だよね。

NASAにあるロケットしゅっぱつおしりからボーンと火が出ていってらっしゃい ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ワシントンDC ノーサル マリー花子さん

【思い】 日本の宇宙ひこうしのビデオを博物館で見て、すごいなと思いました。

《俳句・川柳》

手をつなぎ世界といっしょに丸くなる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・icon24-54a ワシントンDC カルボスキー慶さん

【思い】 世界じゅうの人全員がいっしょになって、争いのない世界を作っていきたい。

口笛で小鳥とおしゃべり子どもの日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・マレーシア ペナン 加藤 光咲さん

【思い】 ペナンは、日本で見られない鳥がいろいろいていい所だ。

赤い道辺り一面ヒガンバナ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・明日香村  山本 章博さん

【思い】 道のきわにヒガンバナがいっぱいあり、それを赤い道として見ていて、もうこんな時期かあと思っている。

●中学生の部 《短歌》

店継いで理容師になる僕の夢父の技術習い超えるよ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・icon24-54a 千葉県  小川 賢人さん

【思い】 祖父母がはじめた理容室。祖父が三十一歳の若さで亡くなった。女手一つで当時三歳の父と妊娠中の叔父を働いて育て上げた祖母。その背中をみて跡を継いだ父。二人の生活と人生を支えた店を終わらせたくない。もっと繁盛させたい。僕は勉強出来ない。しかし理容師国家試験は受かりたい。お客様に愛される店と理容師になりたい。

毎朝の「いってらっしゃい」聞いてからペダルこぎ出し今日が始まる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・岐阜県  今井 果歩さん

【思い】 毎日毎朝、お母さんが見送ってくれ「いってらっしゃい」と言われると、これから学校、一日が始まる!という気持ちに切り換えれます。この想いを短歌にしました。

「おいしそう」よくほめられるお弁当台所立つ母の背浮かぶ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・岐阜県  岩田 奈々子さん

【思い】 部活にお母さんの作ったお弁当を持っていくと、よく「おいしそうだね」と言われます。おいしそうに見えるのは、台所に立っていつもお弁当を作ってくれるお母さんのおかげだと思い、この短歌をつくりました。

《俳句・川柳》

いつの日も大きな背中の父だった

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・icon24-54a 岐阜県  長谷川 侑香さん

【思い】 毎日、父の背中にあこがれて育った気持ちを、川柳にした。

四月から僕も立派な先輩だ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・岐阜県  加藤 駿弥さん

【思い】 四月からは勉強も部活も先輩なので、後輩に負けないようがんばりたい。

あかぎれの母が作った朝ごはん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・岐阜県  藤吉 楓 さん

【思い】 母はあかぎれがひどいにもかかわらず、家事を一生懸命やり、朝食も冷たい水をさわり、作ってくれます。その朝食は、母の温かさがあり、とてもおいしいです。その思いを川柳にしました。

●一般の部 《短歌》 

孫二人抱かれて眠る爺の腕二世帯和む二階の天使

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・icon24-54a 大阪府 竹田 昭正さん

【思い】 我が家は二世帯同居で、一階と二階で暮らしているが、四歳と一歳の孫が毎日一階に遊びに来ます、遊んでいるうち眠たくなって、たいてい寝かしつけるのが私の仕事、人生でこんな楽しい仕事があったのか、毎日孫が一階に遊びに来るのが楽しみ。

「さよなら」と屈託なしに言うことが出来なくなって好きだと気づく

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・滋賀県  井田 寿一さん

【思い】 単なる友人からそれ以上に深くなってゆく心情を歌いました

老ひてなほ飛鳥は恋し稲渕の清き滝つ瀬君とまた見む

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・埼玉県  大髙 秀夫さん

【思い】 若い頃から万葉集に親しみ、万葉の故地をめぐってきた。定年退職後同好の友達十名と故地めぐりを二十年間続けたが加齢とともに足腰が不調となり体力気力の衰退で参加者が減ってきている。この応募歌を故地めぐりの案内状の冒頭に付けて同好の友の気力を奮いたたせたい。八十路になっても介護予備群にならず自立した生活を送りたい。「万葉は青春のいのち」(犬養孝)なのだ。

語らずにシャララと歌い前歩く君に生かされ重ねる命

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・青森県   森 惇 さん

【思い】 結婚してすぐに闘病生活となり、いまだその生活が続いています。しかし、なにはともあれ今こうして生きていられるのも妻のおかげだと言う感謝の想いと命のありがたさへの想いをこめてよみました。

《俳句・川柳》

ふる里をズームレンズで引寄せる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・icon24-54a 徳島県  大釜 洋志さん

【思い】 ふる里を離れて半世紀。父母始め幼き日の友達、故郷の原風景を覗いてる自分がいます。

電話して初めて話したアルタイル

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大和高田市  戎 美奈 さん

【思い】 好きな人に初めて電話をして家の外へ出た時に見た冬の大三角形がきれいに見えたのを思いだしてかきました。

高齢化社会を守るおせっかい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・神奈川県 佐々木 恭司さん

【思い】 なんとなく煙たがられる「おせっかい」ですが、高齢社会では孤独死防止や防犯上の観点から「おせっかい」が大切になってきている。

  DSCF3028DSCN0074DSCF3026DSCF3011P1220080DSCF3103DSCF3075DSCN0017

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です